About Me Appx. 1 Appx. 2    
top of
This page!
Ryn.jp

Administrator's Note
私について(追記。或いは蛇足)

May.26, 2021 / July 20, 2021


日常の仕事    関わって来た(いる)こと   

基本事項、資格などは、AboutMeに書いて有る通り。以下、蛇足。

日常の仕事


県立高校の国語の臨任講師後、 県立高校の情報処理の実習助手として採用。実習助手として定年退職。 実習助手として再任用。学校現場一筋30有余年。 その間、ピンキリな教諭&講師の授業と、彼らの真摯さと創造力、或いは様々な綺麗事と本性、その他様々、 その副産物として、生徒は何処で躓きがちなのか、を数多く体験して来た、 その人数と回数、濃度は、恐らく県内で最も多いのではないか、という気はしている。多分。

校務においては、校内のハードウェア、ネットワーク、ソフトウェアなどの導入における、 総合的な企画、設計、提案、保守管理、資料の準備や整理、 校内の各種システムの開発、その他教諭のあらゆる下請け。 授業においては、過去に、通産省の情報処理技術者試験第一種、第二種、初級シスアドなどの資格取得指導 (私自身は第一種を持つ)や、 或いは、商品開発や模擬株式会社、ふるさと検定、 MS-AccessやZeit SuperKiDなどに因るマルチメディア作品、 Adobe系のソフトウェア群によるCMや場面別ビジネス英会話などの動画、ポスター、 などの様々な制作、等の取り組みに関わったり、等の多様な経験を持つ。

過去、県教育センターでの教員対象の講座や、地域住民向けの開放講座などの講師の経験も多い。

『決して自己顕示や独り善がりでは無い、真に生徒のアクティブで持続可能な学びの為に 相互に刺激し合いながら一所懸命に頑張っている、 プロフェッショナルな教職員チーム』のアシスト、 例えれば、(舞台の)奈落のICT職人、実は彼方此方の裏の仕掛け人。一人の百歩よりチームの十歩。 主役は一所懸命に頑張った生徒達と教職員チーム。私が殊更に表に出しゃばる気持ちは無い。

新しく何かを立ち上げる事と共に、そのプロジェクトを更に継続、進化させる事も注力している。

昔は、各種全商検定用成績処理システムを作成し、フリーソフトとして全国に配布したりなどもしたが、 現在は、全商公式のシステムが有ったりするので用済みとなっている。

各勤務校で構築したシステムは数知れず。転勤後の保守もする。

校内の機器の保守は、基本、勤務時間の他、早朝や放課後、採用時から前任校迄は土曜日曜祝日盆暮れなど、 生徒や教諭が誰も居ない時間帯を狙って校内で一人で作業を行うが、 近年は、クラウド上に関しては深夜に自宅ででもネットワークを介して行っている。

”奈落”でゴソゴソ動いているので、「賞」「手柄」などという類には縁が無い。 「賞」が欲しくてやっている訳でも無い。 でも、貰えれば素直に有難いし、これからの人達の励みになって貰えるのなら、嬉しい。 決して私一人の力では無い。

公私、日常の抵抗勢力は強いが、全国の助けられた人達に、只管、感謝。

時系列での積み重ねとして「其処に仲間と私が共に居て成功した」プロジェクトに誇りを持つ。 奈落の助手は、公式に記録にも記憶にも残らず、後に渡し、 自ら嫌われる様に仕向け、気付かれぬ儘に身を引き、消え去るのみ。

近年は、若いこれからの教諭達が、様々なアイディアで、試行錯誤、工夫しながら頑張っている様なので、 横目で観て聴き耳を立てながら、密かに大いに期待している。

実習助手にも、忘れられない生徒は、数え切れないほど居る。




極めて大雑把な、関わって来たこと、など


* '95年度以降、古い順。特に印象に残っているもののみ。 県商研会員、県情研会員、は、前提。
  私自身が、学会や研究会、研修会、研究誌などで、講演、講義、発表などしたものは、此処では除く。
  📌緑色のマーカーは継続中。 🌸橙色のマーカー は、関わった事に因る表彰歴。